今日で、習成館HP、ブログの開設一周年になりました。
 HP効果でしょうか、色々な方面から連絡がくるようになりました。
中でも一番は、鞍馬流の巻物が寄贈されたことです。道場に入門したいという連絡も以前と比べるとだいぶ多くなってきました。有り難いことです。
 テレビ局からは、道場を貸して欲しいとか、芸能人の剣道をやっているところを撮影したいとか、外国人のツアーで剣道を体験させてはもらえないかとか、まぁ色々です。都内の道場ということで連絡がくるのでしょうが、それはそれは様々です。ほとんどすべてお断りしています。剣道の普及発展には、道場としても協力していきたいと考えていますが、道場という昔ながらの「しきたり」は守ってもらいたいのです。神棚がある神聖な場所という概念に欠けているのです。剣道、剣術、武道をやっている方にはわかってもらえると思いますが、一般の方は金銭感覚だけで話をもってくるのです。これは、いただけません。道場という文化をもっと理解していただきたいですね。
 話が、ホームページ、ブログとは変わってしまいましたが、これからも宜しくお願い致します。