2008年11月01日

心が技を創出する 

 心を込めて意識して練習をすれば、技が向上する。向上した技が心に働きかけて、心のレベルを向上させる。我巳発を以って相手の未発を抑ふ、是れ業と言わず気の位なり、千変万変は未発の心を指して言ふなり。未より巳に移る所を打ち出すべき。まだ、色に現れない形にも発しない間に、相手の心を察すること。枕を押さえる。相手が仕掛けんとする、その頭を押さえる。心で押さえる、体で押さえる、剣で押さえる。

shuseikan at 00:57│Comments(0)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
習成館Official sie
習成館活動予定表
ガジェットギャラリー
livedoor 天気