2009年02月25日

稽古できる喜び

 実は今日お通夜があり、参列させて頂きました。それで、今日の稽古はできないと思っていましたが、残り40分位前には帰って来れました。いつもなら、見てるだけで最後に一言、という程度で終わってしまっていたと思います。
 しかし、今日の稽古は違いました。稽古できる喜び、たとえ30分でもいい、面を着けて稽古ができることに感謝する気持ちを素直に持てたのです。病気や怪我で稽古がしたくてもできない、それに比べたらたとえ時間が短くてもできる喜びを実感できたのです。いや実感したかったのかも知れません。お通夜の方は私と同年代の方だったのです。稽古できることに感謝です。そういう気持ちになると、稽古内容も良くなるのが不思議です。

shuseikan at 23:43│Comments(1)

この記事へのコメント

1. Posted by のび太   2009年02月26日 17:32
稽古ができる喜び・・
分かる気がします。
同年代の方がお亡くなりになったのですね。ご冥福をお祈りいたします。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
習成館Official sie
習成館活動予定表
ガジェットギャラリー
livedoor 天気