昔の剣術は、剣を遣って相手を殺す技術、相手に勝つ技術を学ぶ為のものであると言われていました。
 しかし、「剣道」は剣を遣って相手ではなく、自分の心を磨き、相手の成長を助けるためのものであります。剣道の稽古の中で、礼儀作法を学びそして尊び、稽古相手を尊敬するということは、こうした理由からなのです。この考え方、方法を我々は「道」と呼びます。
 我々祖先が「術」から「道」へ、長い歴史を経て、昇華させたのです。
 これが、現在多くの人達が日本人の文化として愛好し、修行している剣道なのです。
 勝海舟の剣の師匠でもあり、剣心一致を説いた島田虎之助が言い残した言葉です。
   
   剣は心なり  
     心正しからざれば  
       剣また正しからず  
         剣を学ばんと欲すれば
           先ず心より学ぶべし