2009年01月20日

剣は心なり  

 昔の剣術は、剣を遣って相手を殺す技術、相手に勝つ技術を学ぶ為のものであると言われていました。
 しかし、「剣道」は剣を遣って相手ではなく、自分の心を磨き、相手の成長を助けるためのものであります。剣道の稽古の中で、礼儀作法を学びそして尊び、稽古相手を尊敬するということは、こうした理由からなのです。この考え方、方法を我々は「道」と呼びます。
 我々祖先が「術」から「道」へ、長い歴史を経て、昇華させたのです。
 これが、現在多くの人達が日本人の文化として愛好し、修行している剣道なのです。
 勝海舟の剣の師匠でもあり、剣心一致を説いた島田虎之助が言い残した言葉です。
   
   剣は心なり  
     心正しからざれば  
       剣また正しからず  
         剣を学ばんと欲すれば
           先ず心より学ぶべし
 

shuseikan at 23:39│Comments(1)

この記事へのコメント

1. Posted by akado_kenshi   2013年02月24日 19:28
武道三部作の電子出版が遂に完成しました。

◎「 SAMURAI - a man of backbone and spirit - 」
   遣米使節団訪問150周年記念出版

◎「 Master Swordsman The sword is
The mind 」
   全日本剣道連盟60周年記念出版

 ◎「 Budo Teaching To teach is to learn twice 」
   中学校武道男女必修化記念出版

 いずれも各刊「税込840円」にて、本日より販売を開始しました。

 eブックランドで検索していただければ、幸甚に存じます。

 何卒よろしく、お願い申し上げます。.

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
習成館Official sie
習成館活動予定表
ガジェットギャラリー
livedoor 天気