2012年12月

2012年12月18日

実技寸評

 本日、剣窓が郵送されてきました。その中に、「剣道八段審査会(実技)寸評 宮川英俊」という記事がありました。

 今回の結果は、八段審査始まって以来とも言える程厳しい合格率でした。この難関を突破出来なかった方々に共通している点は、一本一本の技が「有効打突の条件」に合致していなかったことです。
 まず、「充実した気勢」が見受けられません。構えた姿に相手を覆い尽くす程の気の勢いが感じられず、そのため風格にも乏しく、所謂、棒立ちの姿から、動じてもいない相手に技を出していました。それも速く打たんがために、手で押し出すような技が目立ちました。また、「刃筋正しく打つ」とは、文字通り”打つ・突く”という動作であり、”当てる”のではありません。
 相手の構えを真っ二つに打ち破り抜けるという姿勢が欲しいのです。それと「懸待一致」を考えた剣道を心掛けていただきたい。打ち放し、受け放しではなく、受ける刀が攻めに、攻めた刀が防禦にと、自在に対応出来ることも、最高位の八段には当然求められる姿なのです。
 そのためには、普段から一本を大切に集中した稽古のあり方、礼法に則った所作を心掛けることで、自然と品位・風格は備わって来るものです。更なる御精進を祈念しております。

 ということであります。忘れないように書き留めておきます。話は変わりますが、その後に載っている「もう一歩の受審者」の八段二日目、二次実技の番号

102C,106D,201A,202B

も、も、もしかして202Bは私?え、、、あと一歩、、。ということで、すぐにDVDを再生して番号を確認したところ、
お相手の方でした。私は202Cでした。面をあれほど外してあと一歩はありえないか!と冷静に考えればすぐにわかることなのですが、人間とは自分をひいき目で見てしまうものなのですね。反省です。お相手の方大変残念でした。お互い次回頑張りましょう。


shuseikan at 21:36|PermalinkComments(0)

2012年12月11日

年末年始稽古予定

年末年始稽古予定  ご確認をお願いします

12月21日(金) 20:30〜月例会
12月22日(土) 16:30〜18:00一般稽古 18:00〜大掃除(皆さんのご協力をお願いします)19:00〜稽古納め

1月 7日(月) 18:30〜一般稽古始め
1月 8日(火) 17:00〜ジュニアクラス稽古始 18:20〜お汁粉会
1月 9日(水) 20:30〜月例会
1月14日(祭)休館、新宿剣連新年会

お間違えのないようにお願いします。詳しくは予定表をご確認下さいませ。





shuseikan at 21:44|PermalinkComments(0)

2012年12月09日

手紙

 八段審査のDVDを送ってくれた方からお手紙をいただきました。
「私の撮影したDVDが先生のお役に立てて嬉しく思います。先生の剣道を何回も見て勉強させて頂きます。岩切先生もあとひと息とおっしゃっていらっしゃいました。この次はぜひ合格されることを祈っています。」という丁寧な手紙と剣道雑誌の八段に合格した方の記事を同封していただきました。その方は、50歳で8回目の挑戦で合格、過去2回二次審査不合格になった方でした。歳は私の方が上ですが、私も今回が8回目でした。ということで、その中から忘れないように書いておきます。

 過去2回の二次審査不合格、反省を活かし一本に集中した

 一次審査は過去2回合格しましたが、二次審査ではいずれも「良いところを打ってやろう」という意識ばかりが出過ぎて、不十分な打突となり、不合格となりました。今回の審査では過去の失敗(後悔)を反省し以下の点を意識して審査に臨みました。
 _翹すること(打ちたい気持ちをどれだけ我慢できるか)
 一本を打ち切る。一本に集中する。打突の好機は瞬間に生まれ、消えます。起こり頭、技の尽きたところ、居ついたところ、受けたところ、引くところ、呼吸と呼吸の変わり目、心に隙ができたところですが、自分にとっての打突の機会は相手にとっても機会になります。普段から繰り返し稽古することで体得することが大切だと思います。
 A蠎蠅塙腟い砲覆襦お願いしますの気持ちを忘れることなく、相手が誰であろうと肝を据え合気になるよう心がけました。

 以上のことを忘れずにまた来年5月に挑戦しようと思います。

shuseikan at 14:02|PermalinkComments(0)

2012年12月03日

月曜会

 月曜日ですが、東山先生が稽古にいらっしゃいました。
 ということで、鞍馬流の稽古をしてから防具をつけての稽古となりました。一本目正當剣、打ち落とし技ですがみんなで打ち落しを何本となく打ち合う稽古風景は圧巻です。竹刀稽古に行き詰っている方、審査に行き詰っている方など新たな視点で稽古に励んで下さい。一本目正當剣を稽古すると面打ちが良くなることは先人達が証明しています。自信を以って稽古して下さい。
 その後防具をつけての稽古をして、水曜会の如く、ビールを飲みながら稽古のビデオ鑑賞をしました。また、私の一次、二次審査のビデオが手に入ったのでみんなに見ていただきました。我慢が足りませんでしたね。打ちに出ることは簡単ですが、攻めて溜めながら気をうかがうことに欠けていたように改めて感じました。みんなでまた頑張りましょう!!!

shuseikan at 22:41|PermalinkComments(0)

2012年12月01日

軽部さん錬士合格おめでとうございます

 報告が遅れてしまって申し訳ありません。
 11月26日、東京で行なわれました錬士称号審査で、軽部美好さんが見事合格されました。誠におめでとうございました。


shuseikan at 22:19|PermalinkComments(0)
習成館Official sie
習成館活動予定表
ガジェットギャラリー
livedoor 天気