2011年01月

2011年01月20日

突き方

 突きの秘密兵器を作成しましたが、突き方は書いていませんでしたのでネットで調べましたので、参考にしてください。

 末野栄二範士の剣道秘訣より

 突きは、剣先で相手の体重を支えることになりますので、肘を伸ばすのと同時に、左右の手の内を絞り込む必要があります。
 手の内の絞りをあまり意識しすぎると、肘が伸びません。わたしは肘を内側に絞り込みながら伸ばすことにより、自然と手の内が絞られるようにしています。手の内の絞りが甘いと、相手の体重を支えきれなくなって竹刀を落としてしまいます。突く咽喉部は、的が狭いため相当な技術を要します。若い頃にはゴルフボールを天井から紐で吊り下げて、突く練習をしていました。要領として、突いた時に両肩と右手及び両肩と左手とで、それぞれに三角形を作り、それを崩さないようにすると、わたしはうまく突ける気がします。自分の正中線を相手の正中線に向けることと、三角形をいかにしっかりとキープできるかを意識し、反復することにより習得できると思います。また、金太郎飴ではありませんが、咽喉部の一握り後を突くつもりでないと、手前でカーブして外れてしまいます。
 突き技は、下がる人には効果的ですが、前に出る人、とくに面に乗る人には逆に応じられやすい欠点があります。剣道は、正中線の攻防ですので前突きにくる場合に、自分が中心を取っていれば当然相手の剣先が外れることとなり、面に乗られてしまいます。 前記の他には、相手の動きに応じて次のような技を出します。面にいったときに上体前面に剣先を付けようとする人に対しては、跳び込み面の途中から両手突きや片手突きに変化します。小手の守りの堅い人には、上から小手を打つようにして打たずに、相手の竹刀を一周して両手突きに変化します。また、下から小手を打つようにして、剣先が外れたところを元に戻しながら突きに変化する場合もあります。この際には、前記したように竹刀を螺旋に使うと効果的です。払い突きや剣道形三本目のように、突きを流して突き返す、返し突きなどもあります。

 如何ですか?この文章を参考にして、突き方を研究して下さい。  

shuseikan at 20:20|PermalinkComments(0)

2011年01月16日

突きの秘密兵器

突き垂れ

 今日は、写真のような秘密兵器を作りました。
 昨日も道場の防具の整理をしていたところ、古くて修理にも出せない面(昔の自分の)が埃をかぶっていました。捨てることに決めたのですが、突き垂れの所がもったいない気がして、ノコギリで切って一応取っておくことにしました。
 今朝起きると、突きのマト?が気になり、日曜大工を始めたのでした。その完成品が写真です。如何ですか?意外と良く出来ているではありませんか。道場の壁に高さを調節して固定しました。壁との間は隙間をあけて、クッションを入れ突きの衝撃を少しでも吸収するような工夫をしました。
 いざ、突きを練習してみたところ、これが良いのです。皆さんこの秘密兵器を大いに活用して下さい。形が出来たら、お互いの打込み練習へとステップアップしていって下さい。その最初のステップです。さあ〜どの辺から突いてみますか?でも、突くときは、手加減して突いて下さいね。秘密兵器の名前を募集中です。

shuseikan at 20:33|PermalinkComments(0)

2011年01月11日

鏡開き

鏡開き


 本日は、鏡開きです。ジュニアの稽古終了後、皆でお汁粉を頂きました。その時の写真です。「鏡開き」について、調べたことを載せておきます。

 正月行事の1つで、一般に11日に行われている。
 正月十一日には、飾ってあった鏡もちを開く鏡開きが行なわれる。元来が武家社会の風習で「二十日に鏡を祝うは、初顔祝うという詞の縁をとるなり」とし、ハッカが刃柄と通じるところから、二十日に行なわれてきた。それが十一日に行なわれるようになったのは、徳川三代将軍家光が四月二十日に亡くなったので、この日を忌日として避けて十一日になったといわれている。
 正月中に重々しく飾られていた鏡もちを割るということは、大正月の終わりと、その年の仕事始めを意味する。武士は、具足櫃(ひつ)開きをし、主家の鏡もちを君臣ともども分け合って主従固めをし、商家では、蔵開きをし、農村では田打ち正月をして、一年の出発とした。
 鏡もちは一月十日まで飾って、十一日に飾りをとくと同時にもちを食べるのがしきたりであるが、20日の小豆粥(あずきがゆ)に入れることもある。
 武家の風俗が始まりであっただけに、切るをきらって、包丁などの刃物で切るのは禁物で、手で割り砕くか、金づちで割り開くようにする。歳神へのお供え物をいただくことによって、一年の一家一族の無事息災が約束されるという意味もあり、また食べ物をたいせつにする心がけを見ることもできる。

 勉強になりましたか?
 鏡開き、いろいろ勉強することが多い一日となりました。



shuseikan at 21:48|PermalinkComments(0)

2011年01月10日

新年会

新年会

 本日、新宿区剣道連盟の新年会がありました。
 100名程の参加者で、盛大な新年会となりました。乾杯の前に、昨年中に昇段された方々の授与式と挨拶がありました。写真は、川村さんが錬士号を会長から頂いているところです。カメラを忘れてしまい、携帯で撮ったので綺麗ではありませんが。誠におめでとうございました。

shuseikan at 21:33|PermalinkComments(0)

2011年01月07日

稽古始め

 今日は稽古始めでした。
 ジュニアの部、一般の部とも無事に今年のスタートをきることができたことが何より嬉しかったです。ここのところ道場の掃除、防具の手入れと時間があったので念入りにやることにより気付いたことがあります。それは、良い状態に保っておくことの重要性です。以前ブログにも書いたのですが、「剣道の構えとは状態です」といった方がいましたが、それと同じく剣道をやる前の状態を整えることもたいせつですし、その為には仕事を早く片づけたり、時間を作ったり自分なりの努力が必要ですね。要は、構えでも心の構えをもっとしっかり構えて剣道の構えを作ることにより、もう一歩上の段階にいけるのではないでしょうか。稽古始めにあたり、このような趣旨のことを挨拶させていただいたので、ここに記しておきます。
 今年も怪我なく目標に向かって頑張っていきましょう。

shuseikan at 23:44|PermalinkComments(1)

2011年01月05日

座布団カバー

座布団カバー

 写真のように、40枚以上の座布団カバーを洗濯しました。
 道場2階の真中の部屋を整理しました。体操用マット10枚、座布団40枚放置されていて、ホコリまみれになっていました。使える状態にしておくことが大切ということで一日かかってしまいました。それにしても洗濯機がやってくれましたが、水の冷たいこと、冷たいこと。
 洗濯機の有難さ、使える状態にしておくことの大切さを知る一日となりました。


shuseikan at 21:52|PermalinkComments(0)

2011年01月04日

剣連稽古始

 本日、新宿剣連の稽古始めでした。行くか、行かないか、どうしようかちょっと迷ったのですが、ここで消極的になっては、今年も先が見えていると思い、思い切って稽古に出かけました。久しぶりの稽古でしたが、内容はまずまずで、一安心しました。時間は自分で作らねば作れないのですね。自分に負けないで良かったです。依田さんが一番目にかかってきてくれました。みんな頑張っているのですね。私もその後すぐ栗原先生にかかっていきました。「区切りをつける」ということは、今までと同じことをしていても何も変わらないのです。


shuseikan at 22:33|PermalinkComments(0)

2011年01月01日

謹賀新年

元旦看板

 明けましておめでとうございます。
 本年も宜しくお願い申し上げます。

 東京は、穏やかな元旦を迎えましたが、初日の出は寝坊して見ることができませんでした。そこで、昨年11月に行った「二見ヶ浦の日の出」をアップしますので、雰囲気だけでもどうぞ。
二見ヶ浦

二見ヶ浦


 師匠からの年賀状の一言
「大変とは思いますが、今年が一つの区切りの年になるよう
がんばってみて下さい。」

 これは、今年こそ昇段できるように頑張れ、ということです。

 本年も習成館、鞍馬流が益々発展するよう精進する所存でございますので、昨年同様ご指導の程よろしくお願い申し上げます。


shuseikan at 22:34|PermalinkComments(0)
習成館Official sie
習成館活動予定表
ガジェットギャラリー
livedoor 天気