2010年09月

2010年09月08日

大森先生の言葉

 今日は、台風の大雨で稽古にいらっしゃる方が少なかったです。それでも求めて稽古に来られる方々には、頭が下がります。

 大森玄伯先生の言葉が載っていましたので、ご紹介します。
一部省略しています。
 

 修練の目標では常に心・気・力が一致するとか明鏡止水の心境で相手と相対して十二分に自分の持てる技量を発揮する、それがまず一番ではないか。それから今度は人間形成がある。湯野正憲先生は剣道というものは瞬間、瞬間に自分を創造する、つくりあげる、そしてそれを鍛錬する、そして人間形成に進む道と言われている。勝ってやろう、どうしてやろう、負けるんではないかという気持ちではなしに本当に相手の姿がそのまま自分の心にぱっと映ってくるような状態そういう心境にいつでもなれることがまず修練目標だと思う。
 一日稽古を怠ける、休むと次の日には観念的なものとか・身体的ものが衰える。だから、鍛え、鍛え抜かなくてはいけない。それによって自然に生まれてくる技とか気力を身につけ人間形成というものまで毎日毎日の練習で真の自己を創造してつくりあげ鍛錬していく。これが百錬自得です。
 その条件を満たすいろいろの方法、平生の練習方法として、「工夫げいこ」と「数げいこ」がある。工夫げいこは、一本一本をよく工夫する。吟味してけい古する。数げい古は、練習回数を多くする、その中で得られるところの拍子とかこつを体得する、これは量的なけい古です。五輪の書では、能く能く工夫すべし、吟味すべし、鍛錬すべしと言葉を使い分けている。前二つは、工夫げいこ。鍛錬するは、数げい古。
 論語の中で「学びて思わざれば則ちくらく思いて学ばざれば則ちうたがう」
という言葉がある。幾らやっても考えない、工夫しないならどうだろうか、という惑いが出てくる。工夫ばかりして、いろんな学ぶこと忘れると壁に突き当たる
両々相まっていかなければならない。よく工夫して、よく鍛錬して、練習することによりその人の底力が出てきます。
 そのためには自分の心構えとして、愛と捨の二つを持っていなければならない。愛は好きであるということ、愛し楽しむことが大切。捨は我(が)をすてること、いろいろ生活の中で制約がある、だから全部打ち込むということは困難 だが、打ち込んでいくということはできる。ただ好きという愛のみではいばらの道は切り開けない。自分が自分の我を捨てて正しい服従心、人から言われたことは素直に受ける気持ちを持つ、自分の気持ちに打ち勝つ(克己心)苦難に耐えること。稽古相手を選ぶという我、気を抜くという我、この我を捨てること大切。
また自分で自分に言い訳をつくり怠けること、これも我です。この我も捨てること大切。
 愛と捨、道を愛する、小我を捨てるこれで平生の稽古が違ってくる。
 もうひとつ良い師につく、正しい指導者につく、これが大切。中村勘三郎(歌舞伎の名優)が今の役者は早くうまくなりたい、上っ面だけ役者の姿求めている
と言っている。剣道も同じ、剣道の指導者であるという心構え、自覚をもってそのために自分を鍛え自分に厳しくする祖先の残した日本伝剣道を次に正しく伝えなければならない。ただの棒振りではダメです。交剣知愛、愛はおしむとよむ、もう一度あの人とやりたいという指導者になって欲しい。



shuseikan at 23:17|PermalinkComments(0)

2010年09月05日

第21回柴田杯剣道大会

 DSC03220

 本日、第21回柴田杯剣道大会が開催されました。皆様のお蔭で、盛会裏に終えることができました。
DSC03223

 ジュニアクラスの部も元気よく稽古を披露することが出来ました。
BlogPaint

 集合写真です。お蔭様で、無事大会を終えることが出来ました。これも、皆様方の日頃からのご支援の賜物と感謝申し上げます。来年の大会は、7月上旬に行うようにしようと思いますので、皆さん、今から予定しておいてください。7月10日(日)の予定です。誠に有難うございました。
 大会後は、習成館1Fフレンチレストラン「ベレコ」で、懇親会をしました。昨年からお世話になっていますが、美味しくてボリュームがあって、皆さんご満喫でした。ベレコさん、誠に有難うございました。ちなみに、ベレコさんのブログに、大会のことが書いてありますのでご覧下さい。写真も載っていますよ。

shuseikan at 21:18|PermalinkComments(0)

2010年09月03日

ゴム刀

DSC03217


昨日完成したのですが、これは何でしょうか?自作の木刀、竹刀立てです。
 DSC03218

 如何ですか。一本一本がきちっとまっすぐに立っているところがベリーグットです。取り出しやすく、倒れません。

 また、本日ゴム刀が届きました。このゴム刀は木刀による基本技稽古法をやるには、安全性から推奨されているゴムでできた木刀?です。木刀とは言わないか!なので、ゴム刀。軽くて多少当たっても怪我はしないと思われます。ちょっとしかまだ試していませんが、すり上げ技の時のゴムの摩擦の感覚が新鮮な感じがしました。ゴムとゴムが擦れる感じが独特な感じです。でも、この擦れる感覚が刀や木刀では味わうことが出来ない所なので大切にしていくと見えてくるものがあるかもしれませんね。とにかく、このゴム刀を大いに活用して腕をあげましょう。10本用意しましたので大切に使って下さい。

shuseikan at 22:44|PermalinkComments(0)
習成館Official sie
習成館活動予定表
ガジェットギャラリー
livedoor 天気