2019年11月12日

勝海舟扁額「養素」

 習成館という道場名の名付け親、勝海舟直筆の扁額がこの度道場に届きました。
この夏、新潟の方から古美術で売りに出ているのをゲット出来ました。詳しい由来などは不明ですが勝海舟の直筆の本物ということで道場に掲げました。それが下の写真です。
海舟扁額

 素(もと)を養う(やしなう)で、「養素」、道場に掲げるには良い言葉だと気に入っています。素養という言葉もありますね。壬辰仲秋とは、明治25年秋に書いたもののようです。その頃には、道場も盛んに稽古されていたので、改めて勝海舟が素を養うように稽古しなさいと言っているかのような気持ちになります。道場の皆さんもこれからも扁額を見ながら、しっかりと稽古に励んで頂きたいと思います。
 道場の雰囲気が一段と締まった感じがしています。道場全体の雰囲気はこんな感じになりました。三代の館長写真は横にずらしました。
海舟扁額

 

shuseikan at 23:12│Comments(0)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
習成館Official sie
習成館活動予定表
ガジェットギャラリー
livedoor 天気