2014年04月19日

月例会

 昨日は、月例会でした。
 先週剣道祭で高齢者の部のオオトリを務められた岩切先生もいらして下さいました。有り難いことです。
 90歳の先生は、それでは稽古するかと地稽古を始められました。
90歳

 数分すると、相手に何やら話しかけていると、次の瞬間すごい勢いで面打ちを始められました。その映像がこちらです。90歳の高齢でこれだけの打ち込みができること自体が凄いこと、凄すぎる!!!
90歳

90歳

 稽古も終わり、いつものように宴会になりました。
90歳

90歳

 そのときの会話を書かせて頂きます。
A氏「先生の立ち会いは素晴らしかったですね。会場からも拍手が沸き上がりましたね。」
先生「いやいや。あとでDVDを観たが、あれではダメだ。どこがいいんだ。腰は曲がり爺さんじゃないか!」話しているうちに先生が段々と怒っていくではありませんか。そして先生の一言。
先生「来年はもっといい立ち合いができるようにする!」
ということで、地稽古を止めて面の打ち込みを始めたということでした。一般的には90歳というと爺さんですよね。しかし先生は違うんです。いつまでもお若い理由がわかりました。これまた凄すぎる!!!


shuseikan at 22:41│Comments(0)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
習成館Official sie
習成館活動予定表
ガジェットギャラリー
livedoor 天気