2011年10月02日

第2回鹿島神宮奉納日本古武道交流演武大会

 土日2日にわたって、鹿島神宮へ行ってきました。
DSC_0031

 昨年に続いての参加で、第2回鹿島神宮奉納日本古武道交流演武大会が開催されました。鹿島神宮も震災で大きな被害を受け、大鳥居は倒壊し、神殿の千木が外れてしまったそうです。
DSC_0032

 神殿の写真ですが、神殿の上に着いている、Xの形の木が「千木」です。鹿島神宮の千木は、置千木といって、ほぞに差し込んで固定する形になっていて、板の長さは3mこれまで歴史の中に千木が落ちたという記事は見当たらないそうです。それくらいひどい被害だったのです。
DSC_0039

  全体の集合写真です。全部で32流派の演武でした。
DSC_0035

 演武の様子です。今夜から、BSプレミアムで「塚原卜伝」の時代劇が7回にわたって放映されます。そのせいもあってか、会場は真剣に見学される参拝者が多く見受けられました。古武道振興にとって大変良いことと思います。
 鞍馬流は、今回は5人が出場しました。松尾和夫、吉田穣覚、松井康一、水野正太郎、私の5人です。
DSC_0038

 5人の集合写真を撮り忘れてしまいました。ゴメンナサイ。4人ですが、松井さんゴメンナサイ。松井さんは舞台袖で仕事中(進行係)でした。この大会は、各流派から1名実行委員を出して大会の運営に当たっています。
 皆さん、本当にお疲れ様でした。


shuseikan at 19:47│Comments(0)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
習成館Official sie
習成館活動予定表
ガジェットギャラリー
livedoor 天気