2011年03月24日

時代5月号

 本日、剣道時代5月号が配達されてきました。の、載っていました、恥ずかしいやら光栄なことやら、な、なん、何といったらよいのでしょうか?
実は、小林英雄先生との対談「卒爾ながら」に載せていただいたのです。5ページにもわたり載せて頂くなんて、何と光栄なことでしょう。対談した日は、震災よりはずっと前でしたが、わざわざ小林先生に道場までいらしていただきました。有難いことです。これも亡き父のお蔭です。掲載されたことに関係各位にこの場を借りて感謝、お礼申し上げます。誠にありがとうございました。記事に恥じないようにこれからも頑張る所存でございますので、皆様よろしくお願い申し上げます。ちょっと、硬くなっちゃいましたがご挨拶まで。

shuseikan at 21:19│Comments(1)

この記事へのコメント

1. Posted by あきる野太朗   2011年04月01日 10:15
『剣道時代』読ませて頂きました。習成館での稽古の日々(と言う程稽古してませんが)が蘇ってきました。
最後の方の「ながく続かない人も増えました」に耳が痛い思いです。機会があれば(いや機会は作るものですが)またお邪魔させて下さい。
『卒而ながら…』掲載を嬉しく思い投稿しました。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
習成館Official sie
習成館活動予定表
ガジェットギャラリー
livedoor 天気