2011年03月21日

稽古できる喜び

 今日は春分の日、墓参りに行ってきました。
 祭日にもかかわらず、5人の方が稽古にいらっしゃいました。少ないと言えば少ないですが。
 その中の一人に、仕事で被災地に入り数日間救助にあたった方がいらっしゃいます。稽古をして感じたことは、剣道以外での経験が稽古を良くするということです。被災地の悲惨さの中での救助はさぞや大変なことだったでしょう。そして疲れているところを稽古にいらっしゃいました。剣道をした方がストレス発散になると言っていましたが、稽古後の話の中での一言、

「稽古ができるのが嬉しい。」

重い言葉を聞きました。稽古ができる有難さをその言葉の中に感じました。そのような気持ちで稽古をされたので、稽古が良くなったのでしょう。
 皆さんが大変な時ですが、稽古ができる喜びを感じながら稽古に励んでいただきたいと思いました。
 道場は節電しながら稽古は行っております。

shuseikan at 22:27│Comments(0)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
習成館Official sie
習成館活動予定表
ガジェットギャラリー
livedoor 天気