本日、新宿剣連の稽古始めでした。行くか、行かないか、どうしようかちょっと迷ったのですが、ここで消極的になっては、今年も先が見えていると思い、思い切って稽古に出かけました。久しぶりの稽古でしたが、内容はまずまずで、一安心しました。時間は自分で作らねば作れないのですね。自分に負けないで良かったです。依田さんが一番目にかかってきてくれました。みんな頑張っているのですね。私もその後すぐ栗原先生にかかっていきました。「区切りをつける」ということは、今までと同じことをしていても何も変わらないのです。