誕生日以来のご無沙汰です。いろいろと忙しく書き込みができませんでした。
 本日は、稽古納めと大掃除でした。大勢で大掃除をすると短時間なのにとても綺麗になりました。参加してくださった方々、この場をかりて改めてお礼申し上げます。誠にありがとうございました。

 話は変わりますが、1週間位前に「剣窓」が届き、その中に、審査の「あともう一歩」の番号が掲載されていました。最初は何となく見ていたのですが、自分の番号は確か○○、ということは相手があともう一歩だったのか、、、、。次の番号は、また自分の相手ではありませんか。私がCで、BとDの方の番号が載っているではありませんか。これはどう解釈すればよろしいのでしょうか。とにかく終わったことをあーだ、こーだ言ったって仕方がありませんが、ちょっとショックでした。よっぽど強そうには見えたということなのでしょうか?私が、いや防具が、、、。

 また話が変わりますが、最近の稽古は袴の裾をあげて両足を大きく出して見えるようにしています。その姿をビデオで見てチェックしているのですが、特に「後ろ姿」が大切ということが改めてわかりました。足の横幅が広い、面打ちの打ち出す角度が右方向へいきすぎている、左足が流れる、右足の踏み込みが高すぎるため遅くなっている等たくさんの情報が見てとれます。後ろ姿をチェックするということは、この年の瀬には大切なことなのではないでしょうか。剣道に限らず。