2010年11月04日

一年前は?

 今日ちょっと時間があったときに、一年前のブログを読みました。去年の10月、11月のところを読んでいて、今年も同じ事をしていることに気づきました。行事、稽古その他諸々。このまま同じだと、審査結果もまた同じ不合格になるのか?とも思いました。残り3週間充実した日々を送りたいものです。読んでいる中で目についた文をコピペーしておきます。

 落ちたことによる発見がいくつかありました。この辺の所から、修正していこうと思います。原田先生と当日お話している中で、審査を受けている人の大部分の人が、間合いの外で時間をかけて見ている、入るとすぐに相手に関係なくすぐに打ちに行っている、もっと中に入ってから時間をかけて見る、相手の呼吸を見て対応する、その辺をしっかりやらないと審査はダメです、というお話を頂きました。この辺りをじっくり稽古していこうと思います。


 審査は、相手との戦いの前に自分の心との戦いであり、心の整理が大切ですね。無心、無欲に成りきる、自分を信じ、教えを守り、心静かに明鏡止水で呼吸を調えて構え、少し遠間に距離を保ち、一寸刻みで間を詰め、触刃の間、交刃の間、一足一刀の間から攻め崩し、機を見て捨て身で打ち切る。心の焦り、心の不安を捨てて、ただ無心で打ち込むことである。
 心が動けば、構えも崩れる。構えが崩れなければ、絶対に打たれない。自身を持つべし。


 



shuseikan at 23:24│Comments(0)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
習成館Official sie
習成館活動予定表
ガジェットギャラリー
livedoor 天気