2010年03月02日

手首痛

 昨日は、手の痛みも薄れたので稽古をしたのは良かったのですが、今日になってまた痛み出しました。
 ジュニアの後、形の稽古をちょっとだけ受けたのですが、手首にひびくのです。痛かったので、見本として返し技をゆっくりやっただけなのですが、手にひびくのです。考えてみると、それだけ木刀を使った打ち合いは手の内の強化につながっていたのですね。バチバチと打ち合うことによって、手首の使い方を習いながら強化していたのですね。竹刀剣道ばかりやっている方には、形稽古はお勧めです。一本目だけで十分です。正當剣なかなかできませんよ。機会がありましたら試してみてください。手首のしめ具合の勉強になると思います。そこがわかれば、手首がきいた小さい面打ちができるようになると思いますので。鞍馬流おそるべしですね。よくよく研究すべしですね。

shuseikan at 21:47│Comments(0)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
習成館Official sie
習成館活動予定表
ガジェットギャラリー
livedoor 天気